新材料が創る未来の都市

新材料が創る未来の都市

美しいディスプレイの携帯端末、環境に優しい燃料電池など、新しい工業製品が実現するためには必ず「新材料」の開発が必要です。実際に、材料は石器時代・鉄器時代など文明を区別する重要なキーワードであり、新しい時代を創造する主役です。 

本学科では、材料の性質を物理的・化学的に研究し、宇宙航空・情報高度化・環境保全・生体・エネルギーなどの分野で利用できる素材・システム・製造プロセスに関して探索・設計・評価方法を総合的に学びます。本学科は、金属フロンティア工学・知能デバイス材料学・材料システム工学・材料環境学の4コースからなり、国内最大規模の材料科学系総合学科として活発な教育研究活動を行っています。その成果は世界的に広く認められ、材料科学系論文の被引用数では東北大学が国内大学1位です。