学科について
About us

教育・研究環境
世界最大級の恵まれた材料研究施設群、その数は国内最多。

材料科学総合学科の施設は、大学院・協力講座を含めると、全52分野にのぼります。この数は、国内No.1で、世界でも有数の研究施設群です。そこで研究する研究者・学生数も国内最多です。

工学部材料科学総合学科

  • 金属フロンティア工学コース
  • 知能デバイス材料学コース
  • 材料システム工学コース
  • 材料環境学コース

大学院工学研究科 20分野

  • 金属フロンティア工学専攻
  • 知能デバイス材料学専攻
  • 材料システム工学専攻

協力講座

  • 金属材料研究所 14部門
  • 多元物質科学研究所 10部門
  • 環境科学研究科 3部門
  • 学際科学フロンティア研究所 2部門
  • グローバルラーニングセンター 1部門
  • 原子分子材料科学高等研究機構 1部門

共同研究講座

  • 先進鉄鋼材料組織制御(JFEスチール)共同研究講座 1分野
52
分野

研究者・学生数も国内材料系学科最多です。

  • 教授 48名
  • 准教授 35名
  • 講師 1名
  • 助教 46名
  • 学部生 526名
  • 大学院生 335名
高い進学率
85%
イメージ
イメージ
イメージ

研究実績
高被引用論文数国内大学No.1(材料科学部門)

材料科学総合学科が研究・発表したインパクトの高い論文数は、大学としては国内1位を誇ります。東北大学工学部材料科学総合学科が世界最先端の高度な研究を進めていることが実証されています。
国際的COEとして材料科学総合学科は、東北大学のひとつの「学科・系」でありながら、他大学の「学部」に匹敵します。

1位 (国)物質・材料研究機構 97
2位 東北大学 61
3位 東京大学 53
4位 (国)産業技術総合研究所 46

材料分野において被引用数が上位1%の論文を高被引用論文(Highly Cited Papers)と定義
(2005年1月1日~2015年12月31日実績)
典拠:トムソン・ロイター、2016年版「インパクトの高い論文数分析による日本の研究機関ランキング」

学術受賞

文化勲章 3名
文化功労賞 4名
学士院賞 9名

その他学会賞等多数