オープンキャンパス
Open Campus 2018

平成30年度学科公開 みらい新素材創造

行ってみよう!オープンキャンパス

イメージ
イメージ

黄色いハッピを着たコンパニオンのお兄さん・お姉さんが目印です。総合受付(工学部の受付)にも学科受付にもおりますので気軽に声をかけてください!冷たい飲み物も用意しております。

平成30年度オープンキャンパスについて

 本学科公開は、教授などのスタッフ陣、研究成果、大学院学生数など、いずれをとっても世界最高水準にある東北大学工学部 材料科学総合学科 マテリアル・開発系の伝統ある企画であり、今年で第37回目を迎えます。本学科は金属フロンティア工学コース知能デバイス材料学コース材料システム工学コース材料環境学コースの4 コースを総称しており、金属、セラミックス、ガラス、コンポジットからポリマーに至る極めて幅広い分野の材料研究開発を行っています。さらに、最近話題を集めている水素エネルギー関連材料、形状記憶合金、大容量半導体デバイスに関する基礎研究や、微小重力環境を利用した材料開発およびマイクロ微粒子システムの研究にも精力的に取り組んでいます。

 学科公開「みらい新素材創造」では、各研究室が展開している材料研究の最前線に関する研究室公開コースに加え、材料を直に触れてみたい方のために「材料科学実験コース(ミニ実験)」を開催します。教授による模擬授業では大学での講義や雰囲気を知ることができます。また、大学生活と進路では「進路や就職」の話だけでなく、現役学生から「研究と大学生活」についての話を聞くことができます。さらに、材料分野の産学連携活動(MAST21)についての展示も設けます。学部4年生や大学院生がコンパニオンとして見学コースをアレンジし、全ての見学者の方をナビゲートいたします。世界最先端の材料研究を実感してもらえるようにスタッフ一同企画しておりますので、是非この機会に奥深い「材料科学」の面白さを発見してください。

プログラム

7月31日、8月1日の両日にわたって、いろいろな企画が用意されています。積極的に参加しよう!

場所 催し物内容
各研究室ほか会場 研究室公開コース
16の研究室・工場が新素材や最新の装置についてわかりやすく説明してくれます。
9:00~12:00 / 13:00~16:00
各体験コーナー 材料科学実験コース(ミニ実験)
6つのコースに分かれて、実際に素材を触ったりいじったりする体験ができます。
9:00から随時受付
マテリアル・開発系
大講義室
国際交流レポート
材料科学で世界に広がる学生間の国際交流(韓国,POSTECH)について、現役学生が紹介します。
11:40~12:00
模擬授業
7月31日 「バイオマテリアル ―からだの中で活躍する材料―」 成島 尚之 教授
8月1日 「『みえないものをみる』新しい光技術 ―新しい光 テラヘルツ光―」 小山 裕 教授
12:00~12:40
マテリアル・開発系
大講義室
大学生活と進路
「材料科学総合学科における進路と就職」「現役学生が語る研究と大学生活」
7月31日 13:30~14:00、8月1日 10:00~10:30
マテリアル・開発系
教育研究棟
講義室1
MAST21活動紹介
材料分野の産学連携活動を紹介します。
9:00~16:00

研究室公開コース(16研究室)

16の研究室・工場が新素材や最新の装置についてわかりやすく説明してくれます。

新素材の研究紹介・展示・実演:9:00~12:00 / 13:00~16:00

公開コースの一覧はこちらからご覧いただけます。

材料科学実験コース(ミニ実験)

ミニ実験に参加して、材料に触れてみよう。つくったものはプレゼントとしてもらえます。

コースの一覧はこちらからご覧いただけます。

大学生活と進路

日時:7月31日 13:30~14:00、8月1日 10:00~10:30
場所:マテリアル・開発系 大講義室

「材料科学総合学科における進路と就職」と「現役学生が語る研究と大学生活」の2部構成

「材料科学」とは、どんな学問なのでしょうか。卒業後、社会ではどのような分野で活躍しているのか、という視点からご紹介いたします。最近の材料科学総合学科での生活、研究、進路・就職状況について、教員および現役大学院生が紹介いたします。高校生はもちろん、保護者の方、高校の教員の皆様のご参加も大歓迎です。

国際交流レポート

材料科学で世界に広がる学生間の国際交流(韓国,POSTECH)について、現役学生が紹介します。

日時:7月31日、8月1日 11:40~12:00
場所:マテリアル・開発系 大講義室

模擬授業

日時:7月31日、8日1日 12:00~12:40
場所:マテリアル・開発系 大講義室

7月31日(火) 「バイオマテリアル ―からだの中で活躍する材料―」
講師:成島 尚之 教授
成島 尚之 教授

世界的に高齢者人口が増加しています。加齢ばかりでなく、事故や病気によるものも含めて失われた生体機能の再建には、医療用デバイスを用いた治療が有力な方法です。その治療技術の発展には医療用デバイスを構成する材料-バイオマテリアル-にまで遡った検討が必要になります。生体内に埋入されるデバイス(インプラント)に用いられる金属材料に焦点を絞り、その表面や微細組織の制御による高機能化について紹介します。

成島研(医用材料工学分野)についてはこちら

8月1日(水) 「『みえないものをみる』新しい光技術 ―新しい光 テラヘルツ光―」
講師:小山 裕 教授
小山 裕 教授

テラヘルツ(THz)波のテラとは、10 の12 乗を意味する、単位の接頭語です。光と電波は同じものですが、電波と光の間にある新しい光です。この光=電波は、現在、スマートフォン等に使われている周波数~ 1G(ギガ)ヘルツ帯の約1000 倍程度高い周波数です。この電波は、これまで、「未使用電磁波領域」と呼ばれていましたが、東北大学で発生に成功したことを受け、世界中でテラヘルツ波の開発と応用が展開しています。この光を使うと、コンクリートの中の水や、電線の断線・腐食といった、これまで見えなかったものが見えるようになりました。講義では、新しい光の発生方法から、建材の欠陥検査への応用等についてご紹介いたします。

小山研(電光子情報材料学分野)についてはこちら

MAST21活動紹介

材料分野の産学連携活動を紹介します。

日時:7月31日、8月1日 9:00 ~ 16:00
場所:マテリアル・開発系 教育研究棟 講義室1

オープンキャンパスに関するお問い合せ

【企画・お問い合せ・連絡先】
〒980-8579 東北大学工学部 材料科学総合学科教務係
TEL 022-795-7373
FAX 022-795-7374

アクセス

材料科学総合学科に来る方法はこちら

総合受付からは、材料科学総合学科ののぼりを目印に来るか、黄色いハッピの材料科学総合学科コンパニオンにお声がけください。地下鉄青葉山駅からは連絡バスも出ています。