所属
東北大学 大学院 工学研究科 知能デバイス材料学専攻 情報デバイス材料学講座 電光子情報材料学分野
Div. Optoelectronic Materials,
Dep. Material Science and Engineering
Graduate School of Engineering,
TOHOKU UNIVERSITY

>>Language Select

アクセス
新着情報
リンク
研究室へのアクセス
研究内容
研究紹介
研究室メンバー
研究室行事
講義資料
小山研究室
Welcome to Oyama Labo !

2015 12 17 「PC鋼線へのTHz応用」に関する記事が掲載されました。

materialsgate

EurekAlert

2016 7 27  M2木村隆さんが日本保全学会第13回学術講演会にて奨励賞を受賞しました。
        「テラヘルツ波を用いた溶融亜鉛メッキ鋼板上腐食生成物の
        定性及び定量非破壊検査応用に向けて」

        M1黒尾健太さんが日本保全学会第13回学術講演会にて奨励賞を受賞しました。
        「サブテラヘルツ波イメージングによる絶縁被覆ケーブルの非破壊検査応用」  

2016 8 1   田邉匡生准教授が着任されました。

2016 10 1 研究室に2人の留学生が加わりました。
       中国から唐超さん、フランスからSebastian Weillerさん

修士2年の佐藤陽平さん、木村隆さんが、
5th Russia-Japan-USA-Europe Symposium on Fundamental & Applied Problems of
Terahertz Devices & Technologies Oct. 31 -Nov. 4, 2016 Sakura Hall にて、
"Best Student Poster-Presentation Award"を受賞しました。

発表タイトルは
"Liquid Phase Growth of High-Crystallinity GaSe and Its Characterization
for THz Wave Generation"
Yohei Sato
"Qualitative and Quantitative Metal Corrosion Analysis On Hot-Dip Galvanized Steel Sheet By Using Terahertz Spectroscopy and Imaging"
Takashi Kimura
http://www.eng.tohoku.ac.jp/news/detail-,-id,732.html

2016 11 4

2016 12 14 東京ビックサイトにて開催されたSEMICON Japanに出展しました。

Link1 Link2 Video:
2017 09 26

テラヘルツ波によるプラスチックの劣化・健全度診断手法を開発

2017 10 09
日本経済新聞電子版(10月6日付)及び日経産業新聞(10月9日付)において
テラヘルツ波によるプラスチックの劣化・健全度診断手法」に関する記事が掲載されました。
2017.10 11
化学工業日報(10月11日付)において
テラヘルツ波によるプラスチックの劣化・健全度診断手法」に関する記事が掲載されました。
2017 09 28
オプトロニクスオンラインにおいて「東北大,テラヘルツでプラスチックの健全度を診断」、
bp-Affairs(Business & Public)において「東北大学、プラスチックの機械的歪みや劣化を診断できる技術を開発」、
ファブクロスエンジニアにおいて「東北大、プラスチックの劣化・健全度診断をテラヘルツ波による非接触診断技術で実現
に関する記事が掲載されました。
2017.10 17
日刊工業新聞において
東北大、プラスチックの劣化を非破壊・非接触で診断する技術」に関する記事が掲載されました。
2017.10 16
佐藤陽平君(D1)が、公益財団法人NEC C&C財団 国際会議発表助成事業に採用されました