新田研究室

研究分野概要

主に二つのテーマに関連した研究を行っています。

スピントロニクス

今日の情報化技術をはじめてとするエレクトロニクスは,半導体をベースとしたデバイスを用いて電子の電荷を制御し,デバイスを微細化・集積化することによって発展してきました. しかしながら,デバイスの微細化はすでに原子レベルに達しており,更なるエレクトロニクス産業の発展のためには,これまでの技術の延長線上にない新規デバイスの構築が必要であると言われています. このような状況下で,既存のエレクトロニクスデバイスに電子の有するもうひとつの自由度「スピン」を積極的に応用し,これまでにない画期的なデバイスを構築しようという試みであるスピントロニクス分野が近年注目を集めています.我々の研究室では半導体デバイス中への電子スピンの注入および検出,さらに電気的に電子スピンを制御する方法について研究しています.

磁気冷凍・バルク磁気機能性材料

希土類元素と遷移金属元素は非常に多くの合金や化合物を形成し、多様な磁気的性質を示す。磁性体は、磁気モーメントを荷う電子が固体中の原子格子点に局在する局在電子系と電子が各原子上を遍歴し、スピンの向きに応じて異なるエネルギーレベルのバンドを形成する遍歴電子系に大きく分けられる。遍歴的な観点から、3d電子相関、スピン揺らぎが関連する特異な磁気物性の解明を行う。このように合金・化合物の磁気物性の研究は、将来に向けての新材料開発に無限の可能性を与える。