三原研究室

[材料システム工学コース | 材料システム計測学分野]
オープンキャンパスで体験できる研究をご紹介します。
  • 飛行機、ロケット、自動車、発電プラント、コンクリート構造物など様々な分野の安全性を支える超音波計測の研究を行っています。

  • 超音波は人の耳には聞こえない高い周波数の音で、様々な材料の中をレーザのようにまっすぐ進む性質があります。

  • 聴診器のように超音波センサを材料にあてて、金属の中を調べる実験を実際に体験。

  • 他にも超音波を使った面白い技術の体験や研究の最前線の紹介も。

公開研究|構造物の安全を支える新しい超音波計測技術

構造物や材料の安全性・信頼性を支える超音波計測の研究を行っている三原研では、超音波を使った計測を実際に体験し、ロケットや発電プラントなどで問題になっている課題に挑戦する研究の最前線について学びます。

OUTLINE

石炭火力配管のクリープボイド音響評価装置

所属

材料システム工学コース・マイクロシステム学講座・材料システム計測学分野

主な研究内容

超音波計測を中核とした非破壊計測法の開発、超音波センサの開発と性能評価、超音波伝搬解析、破壊力学と非破壊検査に基づく材料評価。

研究概要

製造ライン、施工時、使用時を通し、鋼材、複合材、樹脂等に発生する〝欠陥〞を非破壊的に定量評価できる超音波計測法を開発している。既存計測手法の限界を超えるため、新しい超音波センサーや電子装置の開発に取り組み、精密音場解析シミュレーションに基づいて新計測システムの試作を行う。

研究の将来展望

先進各国では、社会インフラの老朽化が進行中で、我国でも今後、老朽インフラの建替新設の見通しがない。一方、インフラの保守は、現状過去の事故例から極めて安全側の耐久年数で運用され、殆どの部材は大きな欠陥の無いまま交換・廃棄されている。そこで信頼性の高い実用非破壊計測法を開発・適用し、損傷の大きい部分のみを補修する保守法に変えれば、合理的かつ安全に部材の寿命を伸ばせるため、この分野に大きな期待が寄せられている。

「工学部百年史(2020年発行予定)」から転載(一部改変)