About us

2015年4月に新しく発足した三原研究室では、材料や構造物を壊すことなく、その内部を検査する「非破壊評価」の研究を行っています。特に、人体に無害でき裂などの欠陥に高感度な「超音波計測」の研究を行っており、従来法では検出できない閉じたき裂のための非線形超音波映像法、大変位出力探触子の作製、微細欠陥のための高周波水浸映像法など幅広い研究を行っています。
三原研究室では修士課程・博士課程入学希望の学生を広く募集しています。


News & Topics

2021/6/23
三原毅 教授が日本非破壊検査協会 石井賞を受賞(賞状メダル
2021/5/22
小原良和 准教授が一般財団法人 みやぎ産業科学振興基金 研究奨励賞を受賞(賞状1賞状2
「革新的3次元超音波映像法の開発」
2021/4/16
大藪陽太くん(M2)が日本非破壊検査協会 東北支部第8回講演会(オンライン)にて奨励賞を受賞(写真賞状
「微小欠陥検出のための横波励起エバネッセント超解像映像法の提案と基礎検討」
2021/4/1
M1の遠藤くん、B4の小林くん、永友くん、西尾くん、平岡くん、増本くん、山田くんが研究室の新メンバーとして加入
2021/3/19
石橋さん(M2)が工学研究科長賞を受賞
2021/3/8
東北大学工学部・工学研究科WebのOur younger experts小原良和 准教授の国際共同研究ネットワークが紹介
2021/2/2
JST創発的研究支援事業(2021〜2027年度)に採択(小原良和 准教授)
「最先端超音波を駆使した3D欠陥可視化技術創成」
2021/2/2
小原良和 准教授が東北大学高等研究機構新領域創成部に兼務
2021/2/2
米国ロスアラモス国立研究所との共同研究の内容が、ロスアラモスのWebサイト(Science, Technology & Engineering Highlights)で紹介
2021/1/21
仏国TPAC、仏国ソルボンヌ大学との共同研究の論文がJapanese Journal of Applied Physicsに採択
Y. Ohara, T. Umezaki, E. Carcreff, S. Haupert, T. Tsuji, T. Mihara
「Experimental Analysis of Linear and Nonlinear Ultrasonic Scatterings at Closed Fatigue Crack Using Fixed-Voltage Fundamental Wave Amplitude Difference with Radarlike Display」
Japanese Journal of Applied Physics, 60 (2021) SDDB01.
2021/1/12
東北大学工学部・工学研究科WebのDriving Force小原良和 准教授の記事が公開
2020/12/5
小原良和 准教授がAcademia NDT Internationalの正会員に任命(certificate
Academia NDT International」は世界中の約70名のメンバー(うち3名はノーベル賞受賞)から構成される国際的な組織ですが、非破壊評価分野における貢献が評価され、12月5日に開催されたGeneral Assemblyにて正会員(Full Member)として任命されました。(現役大学教員としては唯一の日本人メンバーとなります。)
【Excerpt from Statutes】The Full Members of the Academia shall be scientists and distinguished professionals with NDT accomplishment as follows: Outstanding Scientists and Technologists of Universities/Colleges, Research or other Institutions, who have made remarkable contribution to NDT.
2020/11/26
第40回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウムでの下記発表に対して、阿部くん(発表当時M2)が奨励賞を受賞(学会Web)。
・阿部達「Development of laminated lithium niobate transducer available at 500℃」
2020/09/23
米国ロスアラモス国立研究所との共同研究の論文(Applied Physics Letters)がオンライン公開(2020年9月17日)され、東北大学よりプレスリリース
【大学HP】日本語:東北大学工学研究科、English: Tohoku UniversitySchool of Engineering
「Toward an ultra-high resolution phased-array system for 3D ultrasonic imaging of solids」
Y. Ohara, M. C. Remillieux, T. Onuma, K. Tsunoda, T. Tsuji, T. Mihara
Applied Physics Letters, 117 (2020) 111902.
(内容:超多点レーザ走査2Dマトリクスアレイを圧電探触子送信と組み合わせることで、固体材料の内部欠陥の高分解能3D映像化に成功)

【新聞・Web掲載(日本語)】日本経済新聞(9/23)日刊工業新聞(9/25)オプトロニクス(9/24)Optinews(9/25)fabcrossエンジニア(9/24)Business & Public Affairs(9/25)
【Web掲載(英語)】Research SEA (asia RESEARCH NEWS)(9/25)EurekAlert!(9/25)Science Magazine (SCIENMAG)(9/25)Phys.org(9/25)MIRAGE(9/25)Bioengineer.org(9/25)Times of Britain(9/25)7th Space(9/25)ScienceDaily(9/25)Photonics Media(9/29)NEWS BREAK(9/25)ONLINE NEWS(9/25)The National Tribune Australia(9/25)AZOOPTICSs(9/28)World News Monitor(9/29)
2020/09/15
小原良和 准教授が日本金属学会 第17回村上奨励賞を受賞(HP賞状1賞状2
「閉じたき裂の高精度計測のための非線形超音波フェーズドアレイ映像法の開発」
2020/09/03
米国ロスアラモス国立研究所との共同研究の論文がApplied Physics Lettersに採択
Y. Ohara, M. C. Remillieux, T. Onuma, K. Tsunoda, T. Tsuji, T. Mihara
「Toward an ultra-high resolution phased-array system for 3D ultrasonic imaging of solids」
2020/07/14
NEDO【カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電基盤技術開発/石炭火力の負荷変動対応技術開発】に採択(代表:三原毅 教授)(HP
「負荷変動対応火力発電設備保全のための高解像フェーズドアレイシステムの開発」
2020/02/25
仏国ソルボンヌ大学との共同研究の論文がJapanese Journal of Applied Physicsに採択
Y. Ohara, H. Nakajima, S. Haupert, T. Tsuji, T. Mihara
「Imaging of Three-Dimensional Crack Open/Closed Distribution by Nonlinear Ultrasonic Phased Array Based on Fundamental Wave Amplitude Difference」
(内容:基本波振幅差分の非線形超音波フェーズドアレイ映像法を異なる性状の疲労き裂に適用し、破壊力学の知見と良く一致する3次元開閉分布の映像化に成功)
2020/02/18
韓国、アメリカ、ドイツ、フランスの研究者と共同執筆した非線形超音波法に関する専門書がSpringer社から出版【Springer】【Amazon
  K.-Y. Jhang, C. Lissenden, I. Solodov, Y. Ohara, V. Gusev (Editors)
  「Measurement of Nonlinear Ultrasonic Characteristics
     Chap. 5 (pp. 165-234): Y. Ohara, T. Mihara, K. Yamanaka
     "Nonlinear Ultrasonic Phased Array for Measurement of Closed-Crack Depth"
2019/12
第40回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウムでの下記発表に対して、阿部くん(M2)の奨励賞受賞が決定(学会Web)。
・阿部達「Development of laminated lithium niobate transducer available at 500℃」
2019/12
日本非破壊検査協会 秋季講演大会にて石橋さん(M1)と大志田くん(M1)が新進賞を受賞(写真)。
・石橋万里奈「大振幅SPACEのための積層探触子の開発とき裂映像化への適用」(賞状
・大志田洋輝「気柱複合探触子のバースト波励振による空中送信特性」(賞状
2019/11/15
令和元年度マテリアル・開発系卒業研究中間発表会にて角田くん(B4)が優秀ポスター発表賞を受賞(写真1写真2)。
「レーザ振動計を用いた超多点マトリックスアレイによる3次元超音波映像法」
2019/10/22
米国ロスアラモス国立研究所、ノースカロライナ州立大学、サンディア国立研究所、ブリガムヤング大学、コロラド鉱山大学との共同研究の論文がNDT&E Internationalに採択
M. C. Remillieux, D. Kaoumi, Y. Ohara, M. A. S. Geesey, L. Xi, R. Schoell, C. R. Bryan, D. G. Enos, D. A. Summa, T. J. Ulrich, B. E. Anderson, Z. Shayer
「Detecting and Imaging Stress Corrosion Cracking in Stainless Steel, with Application to Inspecting Storage Canisters for Spent Nuclear Fuel」
NDT & E International, 109 (2020) 102180-1-17.
(内容:使用済み核燃料保管用キャスクへの応用のためのステンレス鋼のSCCの検出と映像化)
2019/09/23
表面き裂を高感度に計測できる基本波振幅差分を用いた表面波フェーズドアレイ映像法に関する論文がNDT&E Internationalに採択。
Y. Ohara, H. Nakajima, T. Tsuji, T. Mihara
「Nonlinear Surface-Acoustic-Wave Phased Array with Fixed-Voltage Fundamental Wave Amplitude Difference for Imaging Closed Cracks」
NDT & E International, 108 (2019) 102170-1-10.
2019/06/19
仏国ソルボンヌ大学との共同研究の論文がThe Journal of the Acoustical Society of America (JASA) に採択
Y. Ohara, H. Nakajima, S. Haupert, T. Tsuji, T. Mihara
「Nonlinear Ultrasonic Phased Array with Fixed-Voltage Fundamental Wave Amplitude Difference for High-Selectivity Imaging of Closed Cracks」
The Journal of the Acoustical Society of America, 146(1) (2019) 266-277.
(内容:基本波振幅差分を用いた非線形超音波フェーズドアレイ映像法において大振幅入射により極めて高い選択性で閉じたき裂を映像化)
2019/05/31
小原良和 准教授が公益財団法人 本多記念会 第40回本多記念研究奨励賞を受賞(@東京都 学士会館)(HPPDF賞状授賞式1授賞式2授賞式3授賞式4
「閉じたき裂の高精度計測のための非線形超音波フェーズドアレイ映像法の創出」
2019/04/19
石橋万里奈さん(M1)が日本非破壊検査協会 東北支部平成31年度第7回講演会にて講演奨励賞を受賞(@宮城県 エル・ソーラ仙台)(賞状
「大振幅SPACEのための積層探触子の開発の基礎検討」
2019/02/05
仏国ソルボンヌ大学らとの共同研究の論文がUltrasonicsに採択
S. Haupert, Y. Ohara, E. Carcreff, G. Renaud
「Fundamental Wave Amplitude Differene Imaging for Detection and Characterization of Embedded Cracks」
Ultrasonics, 96 (2019) 132-139.
2019/1/30
英国ブリストル大学との共同研究の論文がJapanese Journal of Applied Physicsに採択
Y. Ohara, J. Potter, H. Nakajima, T. Tsuji, T. Mihara
「Multi-Mode Nonlinear Ultrasonic Phased Array for Imaging Closed Cracks」
Japanese Journal of Applied Physics, 58 (2019) SGGB06-1-7.
2018/10/17
非線形超音波法に関する専門書(Springer)が出版e-book
「Nonlinear Ultrasonic and Vibro-Acoustical Techniques for Nondestructive Evaluation」
Chap. 10: "Subharmonic phased array for crack evaluation (SPACE)"
Y. Ohara, T. Mihara, K. Yamanaka
2018/08/17
米国ペンシルベニア州立大学、仏国グルノーブルアルプス大学との共同研究の論文がJournal of Applied Physicsに掲載され、Editor's pickに選ばれました。(HP1HP2)
Jiang Jin, Jacques Riviere, Yoshikazu Ohara, Parisa Shoukouhi
「Dynamic Acousto-Elastic Response of Single Fatigue Cracks with Different Microstructural Features: An Experimental Investigation」
Journal of Applied Physics, 124 (2018) 075303-1~075303-14.
2018/05/14
小原良和 准教授が第17回インテリジェント・コスモス奨励賞を受賞(授賞式1授賞式2
「閉じたき裂の高精度計測のための非線形超音波フェーズドアレイ映像法の開発」
2018/04/16
英国ブリストル大学のDr. J.Potterのセミナー開催(写真
【Jack Potter】Nonlinear Ultrasonic Phased Array Imaging
2018/03/26
東北大学大学院 工学研究科長特別教育賞を受賞(HP
【材料科学総合学科 広報&パンフレットWG】
手束展規 准教授、小原良和 准教授、好田誠 准教授、高村仁 教授
2017/12/15
NEDO【次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電基盤技術開発/石炭火力の競争力強化技術開発】に採択(HP
「石炭火力の保全手法の確立に向けたTypeIVクリープボイド初期検出システムの開発」
2017/09/21
仏国ピエール・マリー・キュリー大学(ソルボンヌ大学)のDr. S. Haupertのセミナー開催(写真
【Sylvain Haupert】Ultrasonic imaging of nonlinear scatterers buried in a medium
2017/03/06
伊国トリノ工科大学のDr. P.Antonaciと英国ブリストル大学のDr. J.Potterのセミナー開催(写真
【Paola Antonaci】Characterization of damage and repair processes in concrete through linear and nonlinear acoustic techniques
【Jack Potter】Linear and nonlinear ultrasonic array imaging
2017/02/27
米国ロスアラモス国立研究所のDr. M.Remillieuxのセミナー開催(写真
【Marcel Remillieux】Characterization and quantification of nonlinear elsticity in geomaterials
2016/11/17
マテリアル・開発系B4中間発表が開催(写真
2016/10/24
芋煮会を八木山ベニーランドで開催(写真
2016/10/15
系内駅伝大会にて入賞(写真
守田基成くん(B4):個人8位(6分26秒)、小原良和助教:30代の部2位(6分53秒)
2016/09/30
H28年度基礎ゼミ成果発表会でポスター・オリジナリティ賞を受賞(大学HP
2016/09/01
門間 清さんが技術補佐員として採用
2016/02/14
ホームページ開設
2016/01/31
江田廉 特任助教が群馬大学に移動
2016/10/01
高橋 忠雄さんが技術補佐員として採用
2015/04/01
三原毅 教授、江田廉 特任助教が着任