What We Do 概要・目的

設立趣旨・目的

先進鉄鋼研究・教育センター(以下ARECSと略記)は、賛助会員の民間企業からの寄金に基づき、先進的な鉄鋼プロセス、鉄鋼材料及び鉄鋼の利用技術に関わる研究を推進し、また、これらの鉄鋼に関わる基礎教育と鉄鋼研究の実践を通して学部学生や大学院生の教育、育成を図り、我国鉄鋼業の持続的発展に寄与することを目的に、2005年4月1日に設立。

代表挨拶

先進鉄鋼研究・教育センター(ARECS)は、 平成17年にマテリアル・開発系が鉄鋼を主体としたグリーンマテリアルの教育・研究に関して、文部科学省「産学連携による実践型人材育成事業—長期インターンシップ プログラムの開発—」に採択されたことを契機として、趣旨にご賛同いただいた鉄鋼関連企業からのご寄付を原資に設立されました。東北大学における、先進的な鉄鋼プロセス、鉄鋼材料および鉄鋼利用技術等に係わる研究の推進と、鉄鋼に係わる教育の充実を図ることを目的とするものであり、本系に所属する教員と本センター設立に賛同する企業による賛助会員からなるバーチャルな研究組織です。

ARECSは、「我が国の大学における鉄鋼研究は衰退傾向が著しく、各大学の工学部・工学研究科から鉄鋼の教育と研究に関わる講座や分野が激減している」との設立時の危機感から発足しましたが、設立から13年を経た現在でも、その傾向は収まるところを知りません。特に近年は、IT技術・人工知能の普及、自動車の電動化といった社会の変革期を迎えており、大学もその様な新分野に資源をシフトする傾向が見られます。この様な中で、鉄鋼分野においても従来とは異なる新しい切り口の取り組みが求められており、社会基盤である鉄鋼材料に関する基礎教育や先端研究の重要性は増すことはあっても低下することはありません。

この様な背景に鑑み、ARECSでは、技術者教育や材料開発により具体的に貢献するために、本年度から教員派遣制度を開始いたしました。この制度は、大学の教員が研究室を出て、招へいを希望する企業に自ら出向き技術指導や講義をするものです。本制度の一義的な目的は賛助会員企業へのサービスですが、企業における物づくりの現場や材料開発の一端に触れることで教員自身が社会のニーズを知り、産学連携の下で新しい研究の方向性を見出すきっかけになることを期待しています。

鉄鋼業を下支えするこの様なARECSの活動をご理解頂いた上で、1社でも多くの鉄鋼関連企業が本センターへの参画をご検討下されば幸いです。

2018年9月
ARECSセンター長マテリアル・開発系教授貝沼亮介

沿革

2005年 04月01日 設立
  09月 基盤研究開始
2011年   大学院講義「先進鉄鋼工学」開講
2018年 06月 教員派遣制度開始

組織・運営

ARECSでは継続的に先進鉄鋼技術の開発研究を推進しています。それとともに、研究課題に応じて、適切なマテリアル系専攻の各研究分野を選択、あるいはそれらの連携により、効率的に研究開発を推進します。研究課題の設定等の企画運営は先進鉄鋼研究・教育センター運営協議会(マテリアル・開発系教員と連携企業からの委員で構成)が中心となり行います。

ARECSの運営資金は企業からの年度毎の拠出基金をベースに運営しています。