高校訪問

東北大学工学部材料科学総合学科では、材料科学の面白さ、重要さを知っていただくために、理工系を目指す高校生を対象に出張講義を行っております。 材料科学総合学科は、金属・セラミックス・半導体などあらゆる材料およびデバイスについての教育・研究を受け持つ4つのコース(金属フロンティア工学、知能デバイス材料学、材料システム工学、材料環境学)から構成されています。更に、東北大学附置の金属材料研究所と多元物質科学研究所が教育・研究に全面的に協力し、材料科学分野では国内最大規模の教育・研究拠点となっております。

材料科学総合学科の高度な教育システムおよび先端研究について学んでいただくことで、材料学が科学技術、産業の根底を支え、人類の課題である環境問題など未来を拓く分野であることをご理解いただき、進路選択の参考にしていただければと考えております。

本学科教員が高校を訪問し、面白いトピックスをわかりやすくお話いたします。お申し込みは随時受け付けております。派遣教員は本学科で決定いたしますが、ご希望があればご相談ください。例えば、現役学生に学生生活の話を聞きたい場合は、教員ともに学生を派遣いたします。準備の都合もございますので、実施希望日の数ヶ月前にお申し込みいただければ幸いです。