材料科学総合学科で、学ぶということ。

材料科学総合学科で、学ぶということ。

大学は社会へとつながる最終ステージ…と考えるならば、大学・学部・学科選びは、なかなか難しい選択だ。先生からアドバイスをいただいた、友だちの意見も聞いた、情報収集もした…それでもまだ迷っているのなら、在学生の“生の声”に耳を傾けてみよう。そこには、リアルな体験談がある、クールな事実がある、伝えたい思いがある、そしてまぎれもない学生たちの等身大の姿がある。

「材料科学総合学科で、学ぶということ」を探るべく、在学生にアンケートとインタビューを実施。まず、進路選択の際、本学科を選んだ決め手としては『ホームページなどをみて』を挙げる人が最も多く32.7%。次に『先生や保護者・先輩に勧められて(27.2%)』。「東北大の材料研究は世界的に有名」とアドバイスされたという学生さんがとても多いのです。「ものづくりの根幹となる“材料”という存在に興味がある。新材料を開発したいと高い研究志向を抱く回答もありました。

本学科に入ってよかった点としては、『教授陣』、『研究設備』が同率1位(約33%)。「世界の材料研究の第一線で活躍されている“権威”なのにとてもフレンドリー」な先生の下、「最先端の充実した実験装置・器具」という恵まれた環境で学べる利点は大きいですね。

10年後の自分のイメージとしては、『企業などでリーダーシップを発揮していたい(34.7%)』、続いて『材料の研究・開発に従事していたい(30.6%)』。一方、大学の海外留学プログラムなどを利用して、国外での見聞を広げる学生さんも増えています。今後は『海外で活躍していたい(16.3%)』の比率上昇も期待されます。

新保 遼さん[神奈川県出身]

部活と勉強の両立を目標に

金属フロンティア工学コース

新保 遼さん[神奈川県出身]

インタビューを読む

ハードルの高い実験も、やさしい先輩の助言と支援で少しずつ進捗。
私も後輩にとってそんな存在になりたい。

大学での学びは「解のない答えを探し続ける」ことだといわれますが、今、研究室に所属して実験を始めてみて、まさにそのとおりだと実感しています。卒業研究のテーマは「磁性形状記憶合金」。高価な実験装置を使って(とても緊張します)、合金(材料組織)を作製し、その組成の分析・評価を行っていくのですが、すべてがうまく運ぶわけではありません。失敗は付き物ですが、それも含めてとても楽しく興味深く、世界で誰も挑戦したことのないことに取り組んでいる醍醐味は、研究のモチベーションになっています。難しい実験も、アドバイザーの先輩のおかげでリラックスして臨めています。私も後輩にとって、頼もしくもやさしい存在になりたいですね。

高校までは野球部。大学では違うスポーツにチャレンジしてみたいと思っていて、まったくの初心者ながらアイスホッケー部の門を叩きました。勉強や課題に加えて、氷上での練習、陸上でのトレーニングを各週2回、そしてアルバイト…とタフな日々を送りました。本学のアイスホッケーの実力の程は…七大戦(全国七大学総合体育大会)で毎年3位と4位を行ったり来たり。やはり“本場”北国の大学の壁は厚いです(笑)。

将来は、企業の研究職として、合金に関する研究に携わりたいと思っています。そして、「自分が開発した新材料が製品へと実装され、市場に提供される」ことが目標。ものづくりの一翼を力強く担っていきたいです。

門脇 万里子さん[三重県出身]

実験っておもしろい!

知能デバイス材料学コース

門脇 万里子さん[三重県出身]

インタビューを読む

研究や実験は、苦しきことのみ多かりき!?
いえいえ、実は「興味深く、楽しく、おもしろい」
ことが原動力になっているのです。

文系か理系か問われれば迷わず理系、理系なら工学部、でも工学部のどの学科がよいかなぁ…と迷っていた高3の夏。本学のオープンキャンパスで、「材料」分野の存在を知り、とても興味をひかれました。そして高校の先生から「東北大の材料系は、世界的に有名」と聞き、本学科を目指すことになりました。進路選択に際しては、情報収集が重要になると思います。私は東海地方の出身なので、何度も大学に足を運ぶことはできなかったのですが、本学科はウェブサイトやパンフレットが充実していて、とても参考になりました。

「材料科学」を専攻しても、どういう研究をしているのか具体性を持てないまま入学してくる方が多いと思います。でも心配は無用です。広範な知識を学びつつ、少しずつ専門性を深めていくようなカリキュラムが組まれています。私が、材料研究を「おもしろい!」と思えるようになったのは、研究室に配属されて、実験が始まってから。それまでの机上の学びが、実感を伴って理解できるようになりました。研究は試行錯誤の連続と言われますが、実は「興味深く、楽しく、おもしろい」のです。それが原動力になっていることがわかりました。

本学の材料科学は、鉄鋼から磁石、スピントロニクス、生体材料と、とても広く多彩な領域を誇ります。ということは、研究の選択肢もたくさんあるということ。やりたいことがきっと見つかりますよ。

五藤 愛さん[神奈川県出身]

材料の先端研究なら、ここ

知能デバイス材料学コース

五藤 愛さん[神奈川県出身]

インタビューを読む

おもしろい先生と、社会につながる先端研究。
高校の時、本学科を選んだ“先見の明”を褒めてあげたい。

高校の時、興味を持っていたのが宇宙エレベーター。ケーブル素材となるカーボンナノチューブの研究をしたいと思っていました。オープンキャンパスで本学科が世界をリードする材料研究をしていることを知り「入るなら、絶対ここ」と決めました。AO入試Ⅱ期の選抜試験を受ける際には、小論文で材料について書かなければならず、自分なりに勉強したことも、モチベーションを高めることにつながったように思います。

材料科学の先生はとてもおもしろくてユニークな方が多いのです。授業を受ける中で、古くて新しい材料「鉄」を探究してみたいと思うようになりました。現在所属している研究室では、大手鉄鋼メーカーと共同で耐熱金属材料を研究していますが、私の卒業研究もその取り組みとリンクしています。こうした最先端研究は、誰も分け入ったことのない原野を切り拓くということ。どんな結果や真理が待っているのだろうとワクワクしますし、毎日が充実しています。高校生の時に、本学科を選んだ私の“先見性”を褒めてあげたい気持ちです(笑)。

入学後の2年間は、学友会乗馬部の活動に打ち込みました。毎朝5時、馬場に集合して、馬房掃除や愛馬のケア、そして練習、昼もしくは夜も飼い付け、練習…というハードな日々でしたが、人馬一体の感覚を体感する、貴重な体験となりました。これからもいろいろなことに挑戦していきたいです。

程 宏輝さん[福島県出身]

サークルの立ち上げに奔走

材料環境学コース

程 宏輝さん[福島県出身]

インタビューを読む

旅行サークルの立ち上げに奔走。
仲間と異文化体験を共有、多様な価値観に触れています。

普段はあまり意識することもありませんが、私たちの便利で快適な暮らしや、安全で安心な社会は「材料」によって支えられています。すべての根幹となる存在=材料を研究することは科学技術の発展につながっているという点に強く惹かれ、本学科を目指しました。

これまでの学生生活で、最も情熱を注いだのが(勉強の次に、と付け加えておきます。笑)、サークルの立ち上げです。1年生の時に留学生と一緒の寮に住んでいて、そこで海外のことをいろいろと聞くうちに、自分も行ってみたいと思うようになりました。1年生の夏・春休みには、それぞれ米国、豪州に短期留学して、知らない街を旅する醍醐味と魅力を知りました。英語力に自信をつけたことも大きな成果でしたね。そこで同じ趣味・志向性を持つ仲間と共に見聞を広げて体験を共有してみたいと思うようになり、旅行サークルを設立。初めはなかなかメンバーが集まらず、「無理なのかな~」と凹んだりしましたが、チラシを配布したり、SNSで地道に情報発信したりするうちに、徐々に同志が集まり、今では80名(2015年5月現在)の大所帯となりました。世界にはいろいろな国や地域・場所があると頭では分かっていても、実際にはその場に身を置かなければわからないことが多いです。旅は、自分の価値観が絶対ではないことを教えてくれます。そうした柔軟な捉え方や多様な視点は、研究面でもきっと役立つと信じています。

橋本 舞さん[茨城県出身]

英語力を磨きに世界へ

材料システム工学コース

橋本 舞さん[茨城県出身]

インタビューを読む

これからの時代に必須の能力、英語力を磨き鍛えるために。
大学の海外研修プログラムで、三度(みたび)旅へ。

私が所属しているのは、本学科の中では唯一、生物学との境界領域(生体機能材料)を研究している異色(?)の研究室です。こうした学際融合的な取り組みは、今後、ますます重要になってくると言われていて、高い志をもった先輩(大学院生)の後姿を見ながら、深遠なる研究の世界へ一歩を踏み出したところです。研究室の雰囲気は、ほんわかと和気あいあい。先生と一緒にハイキングに出掛けたり、みんなで食事をしたり…気軽に声を掛けてくださるのがうれしいですね。

世界をフィールドとする本学科での研究は、英語力を備えていることが前提となります。私は小さい頃から英語に興味がありました。(話せたらカッコいいな、ぐらいの動機でしたが。)でも勉強としては得意でも,会話には苦手意識があったんです。そこで生きた英語に触れようと、入学してから1年間は、外国人留学生と共に居住するユニバーシティ・ハウスに入居しました。2年生の夏休みにはハワイ大学(米国)へ、春休みにはニューサウスウェールズ大学(豪州・シドニー)へ、それぞれ本学が主催する短期海外研修プログラム(SAP)に参加しました。3年生の夏には、工学部主催の学生国際工学研修でフランスを訪れ、グローバル・リテラシー(国際対話能力)を磨く努力をしています。本学科には、こうした海外研修だけではなく、貴重な経験を積む機会がたくさん用意されています。どんどん活用しましょう!

データでみる 「材料科学のホントのところ。」

高校生から多く寄せられる 3つの質問に関して、4年生を対象にアンケートを実施。学科選択に際してはホームページなどを参考した学生さんが最多。

材料科学総合学科を選んだ理由は?

ものづくりが好きで、製品開発の根幹である材料に興味を持った。友達の誘いもあって、O.C. に参加したところ、研究成果はもちろん、学生の学びに対する真摯な態度に刺激を受け、本学科に受験を決めた。

  • ①ホームページなどをみて/33%
  • ②先生・親・先輩に勧められて/27%
  • ③オープンキャンパスに参加して/25%
  • ④模擬授業・出張講義を聞いて/4%
  • ⑤その他/33%

材料科学総合学科に入って良かった点は?

世界の材料研究の第一線で活躍されている教授陣のもとで材料を学べること自体、幸せであるし、学びに対する安心感がある。

  • ①教授陣/33%
  • ②研究設備/33%
  • ③先輩、伝統/20%
  • ④教育・留学プログラム/11%
  • ⑤その他/3%

10年後の自分のイメージは?

企業に入って、製品開発に没頭していたい。そこで、東北大学で学べたことを生かせればなお、うれしい。自分の創り出したものを世の中で役立ててもらうことが目標であり、10 年後のイメージである。

  • ①企業などでリーダーシップを発揮していたい/35%
  • ②材料の研究・開発に従事していたい/31%
  • ③実験に没頭していたい/16%
  • ④海外で活躍したい/16%
  • ⑤その他/2%