学部 学科紹介
材料科学総合学科

材料科学総合学科

材料科学総合学科は金属フロンティア工学コース、知能デバイス材料学コース、材料システム工学コース、材料環境学コースの4コースから構成されており、これに附置研究所である金属材料研究所と多元物質科学研究所を加えた教育・研究組織は、材料科学・工学の分野で国内はもとより世界でも有数の規模を誇っています。開学以来の長い歴史の中で生み出された数多くの研究成果と優れた研究者・教育者による堅実な人材育成こそが、本学科の伝統です。このように恵まれた環境から巣立った本学科の卒業生は、材料関連の企業、研究機関のみでなく、自動車、重工等の機械関連分野、電子、電機、電力、化学あるいは鉄道輸送関係の企業、研究所等、広範囲な分野において我が国の指導的役割を常に担い続けています。

本学科では大正13年の創設以来、教育・研究体制の充実に努め、学際性豊かで多分野に幅広く対応できる人材の育成を目指し、4コースが一体となって教育を行っています。本学科のカリキュラムは、以下に示す学習・教育目標を達成できるように設計されています。学生諸君は、材料工学とその周辺の一般工学に関する基礎知識を身につけるとともに、課題を理解して解決する能力、結果を整理して発表する能力、コミュニケーション能力、チームワークの能力、自ら考えて行動できる能力などを獲得するよう意識を高くして精進し、材料工学の未来を拓ける有能な技術者・研究者に育ってほしいと思います。