2024/7 西本 昌史 助教が執筆した解説記事が、 日本原子力学会誌ATOMOΣ に掲載されました。
西本 昌史, 武藤 泉, ハイエントロピー合金の電気化学特性の解析と高耐食合金開発への応用, 日本原子力学会誌ATOMOΣ, 66 (2024), 351-355.

https://doi.org/10.3327/jaesjb.66.7_351
2024/6 齋藤遥さんの博士研究の一部である焼結Type316Lステンレス鋼の腐食起点解明とパルス電解による高耐食化に関する論文が、npj Materials Degradationに掲載されました。
Haruka Saito, Masashi Nishimoto, Izumi Muto, Pitting corrosion characteristics of sintered Type 316L stainless steel: relationship between pores and MnS, npj Materi. Degrad., 8 (2024) Article number: 61
https://doi.org/10.1038/s41529-024-00482-6 (Open Access)
2024/6 武藤 泉 教授、西本 昌史 助教、D3 海老名 航さん、D1 竹内 開人さん、M2 ジョン ウィヒョクさん、M2 勝山 智己さん、M2 瀧本俊之さん、M2 土子裕介さん、M2 古屋瑠士さんが、腐食防食学会2024年度春季講演大会「材料と環境2024」にて口頭発表を行いました。
M2 勝山 智己さんが、コンペティションセッションで若手講演優秀賞を受賞しました。
M2 瀧本俊之さんが、コンペティションセッションで若手講演奨励賞を受賞しました。
2024/3 菅原優准教授が他大学への転出のためご退職されました。当講座の発展に多大なるご尽力を賜り、心より感謝申し上げます。
2024/3 M1 勝山 智己さんの卒業研究を発展させた、Seの微量添加によるステンレス鋼の耐孔食性向上に関する論文が、 Scientific Reports に掲載されました。
Masashi Nishimoto, Tomoki Katsuyama, Izumi Muto, Electrochemical properties of MnSe inclusions and improving the pitting corrosion resistance of stainless steel via Se microalloying, Sci. Rep., 14 (2024), 7156.
https://doi.org/10.1038/s41598-024-57995-y (Open Access)
2024/3 武藤 泉 教授、D2 海老名 航さん、M2 竹内 開人さんが日本金属学会 2024春期(第174回)講演大会にて口頭発表を行いました。
菅原 優 准教授が日本鉄鋼協会 第187回春季講演大会にて口頭発表を行いました。
 2024/1 西本 昌史 助教 が執筆した論文が、 ISIJ International に掲載されました。
Masashi Nishimoto, Izumi Muto, Yu Sugawara, Comparison of the Pitting Corrosion Resistance of Bainite and Martensite in Fe-0.4C-1.5Si-2Mn Steel, ISIJ Int., 64 (2024), 497-501.
https://doi.org/10.2355/isijinternational.ISIJINT-2023-135
(Open Access)
 2024/1 Type304ステンレス鋼の粒界腐食と脱不働態化におけるMnS介在物の役割に関する論文が、npj Materials Degradationに掲載されました。
Noriyuki Ida, Masashi Nishimoto, Izumi Muto and Yu Sugawara, Role of MnS in the intergranular corrosion and depassivation of sensitized Type 304 stainless steel npj Mater. Degrad ,8(2024) Article number: 2.
https://doi.org/10.1038/s41529-023-00419-5 (Open Access)
 2023/11

吉田 大輝さんの修士研究をまとめた論文が、Journal of The Electrochemical Society に掲載されました。
Hiroki Yoshida, Masashi Nishimoto, Izumi Muto, Mai Takaya, Yoshihiko Kyo, Tadashi Minoda, Yu Sugawara, Difference in the Precursory Process of the Intergranular Corrosion of Aged Al-Cu and Al-Cu-Mg Alloys in 0.1 M NaCl, J. Electrochem. Soc. (170) 111501.
https://doi.org/10.1149/1945-7111/ad0666 (Open Access)

2023/10 菅原 優 准教授、D2 海老名 航さんが腐食防食学会 第70回材料と環境討論会にて口頭発表を行いました。
 2023/10 スウェーデンのヨーテボリで開催された244th ECS Meetingにて、D3 齋藤 遥さん、邵 筝さん、D2 海老名 航さんが、口頭発表を行いました。
スウェーデンのヨーテボリで開催された244th ECS Meetingにて、M2 石澤 寿将さん、稲垣 睦月さん、竹内 開人さん、藤原 夏美さんがポスター発表を行いました。
 2023/9 D2 海老名 航さん、M2 石澤 寿将さん、稲垣 睦月さん、竹内 開人さん、藤原 夏美さん日本金属学会 2023年秋期(第173回)講演大会 にて口頭発表を行いました。
M1瀧本俊之さん、古屋瑠士さん、ジョン ウィヒョクさんが日本金属学会 2023年秋期(第173回)講演大会 にてポスター発表を行いました。
菅原 優 准教授、西本 昌史 助教が、日本鉄鋼協会 第186回秋季講演大会にて口頭発表を行いました。
M1 勝山 智己さん、土子裕介さん日本鉄鋼協会 第186回秋季講演大会にてポスター発表を行いました。
M1 勝山 智己さん、土子裕介さんが 日本鉄鋼協会 第186回秋季講演大会 学生ポスターセッション にて奨励賞を受賞しました。
 2023/8  包 力さん の博士研究の一部をまとめた論文が、 Materials Transactions に掲載されました。
Li Pao, Masashi Nishimoto, Izumi Muto, Yu Sugawara, Electrochemical Surface Modification of Al8Co19Cr23Fe32Ni18 in H2SO4: A High-Entropy Alloy with High Pitting Corrosion Resistance and High Oxidation Resistance, Mater. Trans., 64 (2023) 2286-2295.
https://doi.org/10.2320/matertrans.MT-M2023088 (Open Access)
2023/8 西本 昌史 助教 が執筆した論文が、 Materials Transactions に掲載されました。
Masashi Nishimoto, Izumi Muto, Yu Sugawara, Review―Understanding and Controlling the Electrochemical Properties of Sulfide Inclusions for Improving the Pitting Corrosion Resistance of Stainless Steels, Mater. Trans., 64 (2023) 2051-2058.
https://doi.org/10.2320/matertrans.MT-C2023003 (Open Access)
2023/6 武藤 泉 教授、菅原 優 准教授、D3 齋藤 遥さん、D2 海老名 航さん、M2 石澤 寿将さん、M2 稲垣 睦月さん、M2 竹内 開人さん、M2 藤原 夏美さんが、腐食防食学会2023年度春季講演大会「材料と環境2023」にて口頭発表を行いました。
M2 藤原 夏美さんが、コンペティションセッションで若手講演優秀賞を受賞しました。
M2 石澤 寿将さんとM2 竹内 開人さんが、コンペティションセッションで若手講演奨励賞を受賞しました。
西本 昌史 助教が「硫化物系介在物の組成制御によるステンレス鋼の耐孔食性向上指針の導出」に関する研究について評価され、2023年度腐食防食学会「進歩賞」を受賞し、受賞記念講演を行いました。
2023/5 D2 海老名 航さんが執筆した論文が、Corrosion Scienceに掲載されました。
Ko Ebina, Masashi Nishimoto, Izumi Muto, Yu Sugawara, Enhancing pitting corrosion resistance of AA7075 through cathodic deposition of Mn-accumulated film on intermetallic particles containing copper, Corros. Sci, 220 (2023) 111299.

https://doi.org/10.1016/j.corsci.2023.111299
 2023/5  工藤 知央さんの卒業研究を発展させた窒化処理による鋼材への水素侵入抑制に関する論文が、ISIJ Internationalに早期公開されました。
Yu Sugawara and Tomohiro Kudo, Plasma-Nitrided Barrier Layers against Hydrogen Permeation in Pure Iron, ISIJ Int., 63 (2023), Advance online publication.
https://doi.org/10.2355/isijinternational.ISIJINT-2023-107 (Open Access)
 2023/3  西本 昌史助教、D3 小鯖 匠さん、D2 齋藤 遥さん、D1 海老名 航さんが 日本金属学会 2023年秋期(第172回)講演大会 にて口頭発表を行いました。
菅原 優准教授、西本 昌史助教が、日本鉄鋼協会 第185回春季講演大会にて口頭発表を行いました。
 2023/3  M2 雨塚 秀一朗さんの卒業研究をまとめた論文が、npj Materials Degradationに掲載されました。
Shuichiro Amatsuka, Masashi Nishimoto, Izumi Muto, Makoto Kawamori, Yuya Takara, Yu Sugawara, Micro-electrochemical insights into pit initiation site on aged UNS S32750 super duplex stainless steel, npj Mater. Degrad., 7, 15 (2023).

https://doi.org/10.1038/s41529-023-00335-8 (Open Access)
 2023/2  柿沼洋さんが執筆した論文が、Journal of The Electrochemical Societyに掲載されました。北京科学技術大学(USTB)との国際共著論文です。
Hiroshi Kakinuma, Izumi Muto, Yoshiyuki Oya, Takahiro Momii, Ying Jin, Yu Sugawara and Nobuyoshi Hara, Change in Oxygen Reduction Reactivity of Intermetallics: A Mechanism of the Difference in Trenching Around Al–Fe and Al–Fe–Si Particles on AA1050 in NaCl
J. Electrochem. Soc., 170 (2023) 021503.
https://doi.org/10.1149/1945-7111/acb6ba
(Open Access)
2023/1 D3 小鯖 匠さん が執筆した論文が、 Materials Transactionsに掲載されました。
Takumi Kosaba, Izumi Muto, Masashi Nishimoto, Yu Sugawara, Role of KMnO4-NaF Treatment in Galvanic Corrosion Resistance of AA5083 Coupled to Steel, Mater. Trans, 64(2023),896-903.
https://doi.org/10.2320/matertrans.MT-L2022021
(Open Access)
 2023/1  加藤 優さんの修士研究をまとめた論文が、Corrosion Scienceに掲載されました。
Masaru Kato, Masashi Nishimoto, Izumi Muto, Yu Sugawara, Role of Cu in corrosion resistance of CoCrCuFeNi medium-entropy alloys: Importance of compositional change and thickening of oxide films, Corros. Sci., 213 (2023) 110982.

https://doi.org/10.1016/j.corsci.2023.110982
 過去のニュース
   
東北大学 大学院工学研究科 
知能デバイス材料学専攻 材料電子化学講座 
住所:〒980-8579
    宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-02
   
Tel:022-795-7299
 

Copyright (C) Hara Lab. 2012 All Rights Reserved.