2020/10 M1 齋藤遥さんが執筆した論文が、 Materials Transactionsに早期公開されました。
[H. Saito, I. Muto, and Y. Sugawara, A Corrosion Resistant Sintered Stainless Steel: Type 304L Containing Mo-Rich Phases, Mater. Trans., (2020), MT-M2020228. https://doi.org/10.2320/matertrans]
  2020/10   西本昌史 特任助教(研究) が執筆した論文が、 Corrosion Science に掲載されました。
[M. Nishimoto, I. Muto, Y. Sugawara, and N. Hara, Passivity of (Mn,Cr)S inclusions in type 304 stainless steel: The role of Cr and the critical concentration for preventing inclusion dissolution in NaCl solution, Corros. Sci., 176 (2020), 109060.]
  2020/9 武藤泉教授、西本昌史 特任助教(研究)、M1 海老名航さん、M1 吉田大輝さんが 第180回 日本鉄鋼協会 秋期講演大会
武藤泉教授、D3 徳田慎平さん、D2 包力さんが 第167回 日本金属学会 秋期講演大会にて発表を行いました。
  2020/9 表面技術協会 第142回講演大会にて D1 小鯖匠さんが口頭発表を行いました。
  2020/7 D3 徳田慎平さんが連名となった国際共著論文が、Corrosion Scienceに掲載されました。
[R.M.Katona, S.Tokuda, J.Perrya, R.G.Kelly, Design, construction, and validation for in-situ water layer thickness determination during accelerated corrosion testing, Corros. Sci. 167 (2020), 108849.]
  2020/7 D3 柿沼洋さんが執筆した論文がJournal of Japan Institute of Light Metalsに掲載されました。
[Hiroshi Kakinuma, Izumi Muto, Yu Sugawara, and Nobuyoshi Hara, Studies on localized corrosion at intermetallic particles on Al alloys, J.JILM, 70 (2020), 314-315.]
  2020/7 西本昌史 特任助教(研究) が執筆した論文が、 材料と環境 に掲載されました。
[M. Nishimoto, I. Muto, Y. Sugawara, N. Hara, High-Temperature Annealing of Ferritic Stainless Steel: Modification of Sulfide Inclusion Properties and Inhibition of Inclusion Dissolution, Zairyo-to-Kankyo 69 (2020), 194-198.]
  2020/4 D3 門脇万里子さんが執筆した国際共著論文がJournal of The Electrochemical Societyに掲載されました。
[M. Kadowaki, A. Saengdeejing, I. Muto, Y. Chen, G. S. Frankel, T. Doi, K. Kawano, Y. Sugawara, N. Hara, Roles of Interstitial Nitrogen, Carbon, and Boron in Steel Corrosion: Generation of Oxyanions and Stabilization of Electronic Structure, J. Electrochem. Soc., 167 (2020), 081503.]
  2020/2 D2 徳田慎平さんが執筆した論文が、Corrosion Scienceに掲載されました。
[S. Tokuda, I. Muto, Y. Sugawara, N. Hara, Pit initiation on sensitized Type 304 stainless steel under applied stress: Correlation of stress, Cr-depletion, and inclusion dissolution, Corros. Sci. 167 (2020), 108506.]
  2020/2 D2 門脇万里子さんが執筆した論文が、Corrosion Scienceに掲載されました。
[M. Kadowaki, A. Saengdeejing, I.Muto, Y. Chen, H. Masuda, H. Katayama, T. Doi, K. Kawano, H. Miura, Y. Sugawara, N. Hara, First-principles analysis of the inhibitive effect of interstitial carbon on an active dissolution of martensitic steel, Corros. Sci. 163 (2020), 108251.]
  2020/2 The 3rd Symposium for The Core Research Clusters for Materials Science and Spintronics にてM2 小鯖匠さんがポスター発表を行いました。

2019/11

令和元年度腐食防食学会東北支部講演会にて M2 小鯖匠さんが口頭発表を行い、奨励賞を受賞しました。
2019/10 236th ECS Meetingにて菅原優准教授、D2 門脇万里子さん、 D2 徳田慎平さんが口頭発表を行い、M2 相磯匠さん、 M2 神田玲哉さん、 M2 小鯖匠さんがポスター発表を行いました。
   2019/9  D2 徳田慎平さんが溶接学会 2019年度 秋季全国大会講演会にて口頭発表を行いました。
2019/9 D2 徳田慎平さん、M1 清水基成さんM1 三瓶陽太さんが 第178回 日本鉄鋼協会 秋期講演大会
D2 門脇万里子さん、D1 包力さん、M2 小鯖匠さん、M2 相磯匠さん、M1 邵筝さんが 第165回 日本金属学会 秋期講演大会にて発表を行いました。

M1 清水基成さんが第178回 日本鉄鋼協会 秋期講演大会ポスターセッションにて努力賞を受賞しました。
2019/9  菅原優准教授、D3 西本昌史さん、D2柿沼洋さんがEUROCORR 2019にて口頭発表を行いました。
  2019/8  D3 西本 昌史さんが執筆した論文が、ISIJ Internationalに掲載されました。
[M. Nishimoto, I. Muto, Y. Sugawara, and N. Hara, Artificial MnS Inclusions in Stainless Steel: Fabrication by Spark Plasma Sintering and Corrosion Evaluation by Microelectrochemical Measurements, ISIJ Int., 60 (2020), 196-198. ]

2019/8 D2 門脇万里子さんが執筆した論文が、Journal of The Electrochemical Societyに掲載されました。
[Mariko Kadowaki, Izumi Muto, Kinari Takahashi, Takashi Doi, Hiroyuki Masuda, Hideki Katayama, Kaori Kawano, Yu Sugawara, and Nobuyoshi Ha
ra, Anodic Polarization Characteristics and Electrochemical Properties of Fe3C in Chloride Solutions, J. Electrochem. Soc., 166 C345-C351. ]
  2019/6 M2 小鯖 匠さんが2019 Joint Symposium on MSE for the 21st Century にて口頭発表を行いました。
  2019/6 青山高士さんが執筆した論文が、Journal of The Electrochemical Societyに掲載されました
[Takahito Aoyama,Yu Sugawara, Izumi Muto, and Nobuyoshi Hara, NH4+ Generation: The Role of NO3- in the Crevice Corrosion Repassivation of Type 316L Stainless Steel, J. Electrochem. Soc., 166 (2019), C250-C260. ]
2019/5 武藤泉教授、菅原優准教授、M2 相磯匠さん、M2 小鯖匠さんが腐食防食学会春期講演大会 材料と環境2019にて口頭発表を行いました。
M2 小鯖匠さんが材料と環境2019コンペティションセッションにて若手講演奨励賞を受賞しました。
  2019/4 D2 門脇万里子さんが執筆した論文が、Corrosion Scienceに掲載されました。
[Mariko Kadowaki, Izumi Muto, Hideki Katayama, Hiroyuki Masuda, Yu Sugawara, and Nobuyoshi Hara, Effectiveness of an intercritical heat-treatment on localized corrosion resistance at the microstructural boundaries of medium-carbon steels, Corros. Sci., 154 (2019), 159-177. ]
  2019/4 D3 西本 昌史さんが執筆した論文が、Journal of The Electrochemical Societyに掲載されました。
[Masashi Nishimoto, Izumi Muto, Yu Sugawara, and Nobuyoshi Hara, Morphological Characteristics of Trenching around MnS Inclusions in Type 316 Stainless Steel: The Role of Molybdenum in Pitting Corrosion Resistance, J. Electrochem. Soc., 166 (2019), C3081-C3089. ]
2019/3 D2 西本昌史さん、D1 柿沼洋さん、D1 門脇万里子さんが第164回 日本金属学会 春期講演大会 にて口頭発表を行いました。
M1 神田玲哉さんが第177回 日本鉄鋼協会 春季講演大会にて口頭発表を行いました。
菅原優准教授が日本鉄鋼協会研究奨励賞を受賞し、受賞講演を行いました。
2019/3 M1 小鯖匠さん、M1 相磯匠さん、M1 神田玲哉さんが平成30年度腐食防食学会東北支部講演会にて口頭発表を行い、M1 神田玲哉さんが腐食防食学会東北支部奨励賞を受賞しました。
2019/1 International Workshop for Materials Service Safety EvaluationにてD2 西本昌史さん、D1 柿沼洋さん、D1 門脇万里子さんが口頭発表を行いました。
2019/1 柿沼洋さんが執筆した論文が、Journal of The Electrochemical Societyに掲載されました。
[Hiroshi Kakinuma, Izumi Muto, Yoshiyuki Oya, Yoshihiko Kyo, Yu Sugawara, and Nobuyoshi Hara, Mechanism for the Morphological Change from Trenching to Pitting around Intermetallic Particles in AA1050 Aluminum, J. Electrochem. Soc., 166 (2019), C19-C32. ]
 過去のニュース
   
東北大学 大学院工学研究科 
知能デバイス材料学専攻 材料電子化学講座 
住所:〒980-8579
    宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-02
   
Tel:022-795-7299
 

Copyright (C) Hara Lab. 2012 All Rights Reserved.