Yoshimi Lab. - 吉見研究室

Tohoku University

Ultra-High Temperature Materials Group
Depertment of Materials Science, Tohoku University

吉見研究室東北大学 大学院工学研究科・工学部 知能デバイス材料学専攻 ナノ材料物性学講座 強度材料物性学分野

Contact us
facebook

News - おしらせ

  • 2019年10月27~11月1日

    The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societiesにて研究発表を行いました。

    沖縄コンベンションセンターにて開催されたThe 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies(PACRIM13)に参加し、研究発表を行いました。

    • YOSHIMI, Kyosuke: Mechanical Performance of TiCReinforced Mo-Si-B-Based Ultrahigh Temperature Materials (Keynote)
    • DEMIRSKYI, Dmytro; BORODIANSKA, Hanna; SUZUKI, Tohru S; NISHIMURA, Toshiyuki; SAKKA, Yoshio; VASYLKIV, Oleg; YOSHIMI, Kyosuke: “Beyond a solid-solution effect: processing and properties of high-entropy ceramics” (Invited)
    • HATTA, Tomoyuki; IDA, Shuntaro; SEKIDO, Nobuaki; YOSHIMI, Kyosuke: “Grain Growth and Microstructural Evolution of Spark Plasma Sintered Bulk Mullite” (Poster Presentation)
    • ARAI, Hayato; HATAKEYAMA, Tomotaka; IDA, Shuntaro; SEKIDO, Nobuaki; YOSHIMI, Kyosuke : “Microstructure and Oxidation Resistance of Spark Plasma Sintered Compact of Gas-Atomized MoSiBTiC Powder” (Poster Presentation)
    • YANAGIYA, Ryuta; KAMATA, Shiho Yamamoto; IDA, Shuntaro; SEKIDO, Nobuaki; YOSHIMI, Kyosuke : “High Precision Measurement of Ultrahigh-Temperature Tensile Creep of 1st Generation MoSiBTiC Alloy” (Poster Presentation)

    詳細はこちら
    http://www.ceramic.or.jp/pacrim13/

  • 2019年10月21~25日

    JOINT EPRI-123HIMAT INTERNATIONAL CONFERNCE ON ADVANCES IN HIGH TEMPERATURE MATERIALSにて研究発表を行いました。

    長崎ブリックホールにて開催されたJOINT EPRI-123HiMAT INTERNATIONAL CONFERNCE ON ADVANCES IN HIGH TEMPERATURE MATERIALS に参加し、研究発表を行いました。

    • Kyosuke YOSHIMI, Ryuta YANAGIYA, Sojiro UEMURA, Shuntaro IDA, Sadahiro TSUREKAWA, Shiho KAMATA : “Ultrahigh-Temperature Tensile Creep Behavior of 1st Generation MoSiBTiC Alloy” (Oral Presentation)
    • Nobuaki SEKIDO, Tomoyuki HATTA, Koichi MARUYAMA, Mitsuharu YONEMURA, Kyosuke YOSHIMI : “Microstructure evolution in a high boron ferritic steel during creep at 650℃” (Oral Presentation)
    • Shuntaro IDA, Kyosuke YOSHIMI, “Effect of off-stoichiometry on Elastic Modulus of TiC Phase in Mo-TiC Ternary System” (Oral Presentation)

    詳細はこちら
    http://www.123himat-2019.mtl.titech.ac.jp/index.html

  • 2019年9月11~13日

    日本金属学会秋期(第165回)講演大会・日本鉄鋼協会第178回秋季講演大会で研究発表を行いました。

    M1の小山内君が第178回秋季講演大会ポスターセッション努力賞を受賞

    岡山大学津島キャンパスにて開催された日本金属学会2018年秋期講演大会並びに日本鉄鋼協会秋季大会で研究発表を行い、M1の小山内君が第178回秋季講演大会ポスターセッション努力賞を受賞しました。

    日本金属学会

    • 井田駿太郎,関戸信彰,吉見享祐:“Mo-Ti-C三元系における凝固過程”,口頭発表,(耐熱材料)
    • 畠山友孝,吉見享祐:“耐酸化性を有するMoSiBTiC合金の高温強度と室温破壊靱性”,口頭発表,(耐熱材料)
    • 木村勇太,関戸信彰,大村孝仁,三浦誠司,井田駿太郎,吉見 享祐:“TiAl/Ti2AlC異相界面近傍における変形挙動の観察”,ポスター発;表

    日本鉄鋼協会

    • 関戸信彰,八田智之,土屋裕祐,丸山公一,吉見享祐,米村光治:“650℃と700℃でクリープ変形したB添加9Cr鋼の組織変化”,口頭発表(フェライト系耐熱鋼1)
    • 小山内匠,関戸信彰,吉見享祐:“α-Fe中におけるBの固溶度と拡散性に関する実験的研究”,ポスター発表
    • 渡邊憲郷,吉見享祐,井田駿太郎:“2段低温焼戻し処理されたGrade 91鋼のミクロ組織観察”,ポスター発表

    詳細はこちら
    https://jim.or.jp/MEETINGS/2019_atmn/index.php
    https://www.isij.or.jp/lecture-meeting/2019autumn/

  • 2019年8月18~22日

    PRICM10(The 10th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing)にて研究発表を行いました。

    D3の束村君がThird Place Poster Award を受賞

    中国の西安にて開催されたPRICM10に参加し、研究発表を行いました。
    D3の束村君がThird Place Poster Award を受賞しました。

    • Kyosuke YOSHIMI : “Good Compatibility of Ultrahigh-Temperature Strength and Room-Temperature Fracture Toughness for MoSiBTiC Alloy” (Invited)
    • Tomotaka Hatakeyama, Kyosuke Yoshimi :“Effect of Ti Content on Microstructure and Oxidation Resistance of MoSiBTi2C alloys”(Oral Presentation)
    • Motoyuki Tsukamura, Takuya Kobanezaki, Kyosuke Yoshimi : “Microstructure and Oxidation Resistance of Ti, Cr, and Al co-added MoSiBTiC Alloy”(Poster Presentation)
    • Xi Nan, Tomotaka Hatakeyama, Kyosuke Yoshimi : “Effect of Al and Cr on Oxidation Behavior of MoSiBTi2C Alloy”(Poster Presentation)

    詳細はこちら
    http://www.pricm10.com/7482?lang=en

  • 2019年7月1~2日

    日本学術振興会・耐熱金属材料第123委員会で研究発表を行いました。

    東京工業大学大岡山キャンパスで開催された日本学術振興会・耐熱金属材料第123委員会 令和元年7月期研究会 先進耐熱材料・プロセス分科会第55回で、吉見教授、井田助教が研究成果を発表しました。

    • 吉見享祐,柳谷隆太,Zhu Linye, 井田駿太郎,関戸信彰,連川貞弘,上村宗二朗:“超高温引張クリープ下における第1世代モシブチック合金中の変形ミクロ組織の発達”
    • 井田駿太郎,関戸信彰,吉見享祐:“Mo-Ti-C3元系における凝固過程およびMo/TiC/Mo2C3相間の相平衡”
  • 2019年6月20~21日

    鉄鋼協会 「高温材料の高強度化」研究会 第3回研究会に参加し、招待講演を行いました。

    函館にて開催された鉄鋼協会 「高温材料の高強度化」研究会 第3回研究会に参加し、関戸准教授と井田助教が招待講演を行いました。

    • 関戸信彰:“耐熱鋼の高温強度に対するBの効果”(招待講演)
    • 井田駿太郎:“高温変形および高温破壊に及ぼす微量添加元素の効果”(招待講演)
  • 2019年6月17日

    Workshop on Ultra-High Temperature Materials 2019 was held.
    超高温材料ワークショップを開催しました。

    Workshop on Ultra-High Temperature Materials 2019 was held. We have invited Professor Maria Krüger(FZJ) and Professor Martin Helimaier(KIT) from Germany. There were about 30 participants and 9 speakers.

    ドイツよりMaria Krüger教授(ユーリッヒ総合研究機構)と、Martin Helimaier教授(カールスルーエ工科大学)のお二人をお迎えし、マテリアル材料実験棟るつぼホールにてWorkshop on Ultra-High Temperature Materials 2019を開催しました。
    9名の方が講演を行い、30名余名の方々にご参加頂きました。

    • Nobuaki Sekido : “Nanoindentation response of D8l silicides and identification of potential slip systems”
    • Dmytro Demirskyi : “Controlling the mechanical performance of ultra-high temperature ceramic composites by phase and structure engineering via spark plasma sintering”
    • Workshop on Ultra-High Temperature Materials 2019
    • Workshop on Ultra-High Temperature Materials 2019
    • Workshop on Ultra-High Temperature Materials 2019
    • Workshop on Ultra-High Temperature Materials 2019
    • Workshop on Ultra-High Temperature Materials 2019
    • Workshop on Ultra-High Temperature Materials 2019

    プログラム等の詳細はこちら
    Workshop on Ultra-High Temperature Materials 2019

  • 2019年6月11~14日

    Beyond Nickel-Based Superalloys IIIに参加し、研究発表を行いました。

    奈良春日野国際フォーラムにて開催されたBeyond Nickel-Based Superalloys IIIに参加し、研究発表を行いました。

    • Kyosuke Yoshimi: “Mechanical Performance and High-Temperature Applications of MoSiBTiC Alloy”, Invited talk
    • Tomotaka Hatakeyama: “Creep Strength, Room-temperature Fracture Toughness and Oxidation Resistance of Ti5Si3-containing MoSiBTiC alloy”: Oral presentation

    詳細はこちら
    http://web.apollon.nta.co.jp/bnbs2019/index.html

  • 2019年4月26日

    60th Anniversary Lecture in the fields of materials strength and a social gathering was held
    強度材料物性学分野60年記念講演会、懇親会を開催しました。

    60th Anniversary Lecture in the fields of materials strength and a social gathering was held. We have invited Dr. Maruyama, Professor Emeritus, who contributed to lead the world in the fields of materials strength and high-temperature materials. There were about 80 participants and 5 speakers. Lab Tour was organized after the lecture, and bringing back memories to some of our graduates.

    強度材料物性学分野をリードいただいた丸山公一名誉教授をお迎えし、マテリアル材料実験棟るつぼホールで記念講演会を開催しました。
    5名の方が講演を行い、80名余名の方々にご参加頂きました。
    また、講演後の見学ツアーでは卒業生が勉学に励んだ場所を再訪問し懐かしむ様子もみられました。

    • 強度材料物性学分野60年記念講演会、懇親会の様子
    • 強度材料物性学分野60年記念講演会、懇親会の様子
      • 強度材料物性学分野60年記念講演会、懇親会の様子
      • 強度材料物性学分野60年記念講演会、懇親会の様子
      • 強度材料物性学分野60年記念講演会、懇親会の様子
      • 強度材料物性学分野60年記念講演会、懇親会の様子
    • 強度材料物性学分野60年記念講演会、懇親会の様子

    詳細はこちら
    http://www.material.tohoku.ac.jp/~uhtm/events/Strength_Materials_60th.html

  • 2019年4月1日

    New Members have joined the Yoshimi Lab
    研究室に新しいメンバーが加わりました。

    Students of D3, M2, B4 have graduated, and new members have joined from April 2019.

    D3、M2、B4の学生が卒業し、4月から新しいメンバーが加わりました。

    Members メンバー
  • 2019年3月31日

    Prof. Yoshimi gave a lecture in the event of School of Engineering, Tohoku University in Tokyo
    東北大学工学部 IN 東京で吉見教授が講演を行いました。

    東北大学工学部 IN 東京

    東北大工学部が世界に誇る先端研究に触れよう
    日時:2019年3月31日(日)9:45~16:20
    場所:一橋講堂(学術総合センター2階ホール)

    詳細はこちら
  • 2019年3月20~22日

    The Japan Institute of Metals and Materials 2019 Spring Annual (164th) Meeting The 177th ISIJ Meeting at Tokyo Denki University
    日本金属学会春期(第164回)講演大会・日本鉄鋼協会第177回春季講演大会で研究発表を行いました

    日本金属学会春期(第164回)講演大会・日本鉄鋼協会第177回春季講演大会 D3の束村君が第32回優秀ポスター賞を受賞 日本金属学会春期(第164回)講演大会・日本鉄鋼協会第177回春季講演大会 吉見教授が谷川・ハリス賞を受賞

    Members of Yoshimi Lab did a research presentation.
    Prof. Yoshimi received The JIM Tanikawa-Harris Award and gave the award lecture.
    D3 student, Mr. Tsukamura received 32nd the best poster award.

    東京電機大学 東京千住キャンパスで開催された日本金属学会春期(第164回)講演大会・日本鉄鋼協会第177回春季講演大会に参加し、研究発表を行いました。吉見教授が谷川・ハリス賞を受賞され、受賞講演を行いました。
    また、D3の束村君が第32回優秀ポスター賞を受賞しました。

    日本金属学会

    • 吉見享祐:谷川・ハリス賞受賞講演“MoSiBTiC合金の超高温特性と応用展開”,口頭発表(公募シンポジウムS7:材料機能特性のアーキテクチャー構築シンポジウムⅠ).
    • 関戸信彰,佐藤雄大,吉見享祐:基調講演“ナノ酸化物析出による酸化物分散強化合金の創製と積層造形法への応用”,口頭発表(公募シンポジウムS7:材料機能特性のアーキテクチャー構築シンポジウムⅠ).
    • DEMIRSKYI, Dmytro,目義雄,VASYLKIV, Oleg,西村聡之,吉見享祐:基調講演“Consolidation, phase engineering and elevated temperature performance of ceramic composites densified via reaction-driven spark plasma consolidation”,口頭発表(公募シンポジウムS7:材料機能特性のアーキテクチャー構築シンポジウムⅠ).
    • 畠山友孝,吉見享祐:“MoSiBTi2C合金のミクロ組織と耐酸化性に及ぼすTi量の影響”,口頭発表(公募シンポジウムS7:材料機能特性のアーキテクチャー構築シンポジウムⅠ).
    • Xi NAN,畠山友孝,吉見享祐:“Cr, Al共添加したMo-28Ti-14Si-6C-6B合金に生成する酸化被膜の解析”,口頭発表(公募シンポジウムS7:材料機能特性のアーキテクチャー構築シンポジウムⅠ).
    • 魯 園園,宮田龍一,畠山友孝,吉見享祐:“Alloying effects of Nb, Cr and Al on microstructure, mechanical and oxidation properties of Mo–Ti–Si–C alloys”,口頭発表(ジェットエンジン・ガスタービン耐熱材料).
    • 束村基行,黄金崎琢也,吉見享祐:“Ti, Cr, Alを共添加したMoSiBTiC 合金のミクロ組織と耐酸化性”,ポスター発表.
    • 宮田龍一,吉見享祐: “α2相を含むTi-Al-Nb三元系合金の熱間加工によるミクロ組織変化”,ポスター発表.

    日本鉄鋼協会

    • 関戸信彰,木村勇太,宮城俊美,沼倉宏,吉見享祐:“γ鉄における B の固溶限と拡散性”口頭発表(鉄鋼中の軽元素と材料組織および特性).

    詳細はこちら
    https://jim.or.jp/MEETINGS/2019_spr/index.php
    https://www.isij.or.jp/lecture-meeting/2019spring/

  • 2019年3月5日

    6大学連携プロジェクト 第3回公開討論会に参加しました。

    東京工業大学すずかけ台キャンパスにて開催された6大学連携プロジェクト 第3回公開討論会にD3の束村君が参加し、研究発表を行いました。

    • 束村基行、黄金崎琢也、吉見享祐:”Ti, Cr, Alを共添加したMoSiBTiC 合金のミクロ組織と耐酸化性“,ポスター発表.

    詳細はこちら
    http://www.msl.titech.ac.jp/lim/news/2468.html

  • 2019年2月15~18日

    The 2nd Symposium for World Leading Research Centers -Materials Science and Spintronics-にて講演を行いました。

    仙台国際センターにて開催されたThe 2nd Symposium for World Leading Research Centers -Materials Science and Spintronics-に参加し、講演を行いました。

    • Kyosuke Yoshimi: “MoSiBTiC Alloy: Invited, “Ultrahigh-Temperature Performance and Applications”, Oral Presentation.
    • Dmytro Demirskyi, Yoshio Sakka, Oleg Vasylkiv, Kyosuke Yoshimi : “Synthesis and Characterization of (Ta1/3Zr1/3Nb1/3)C Metal Carbide Solid‐Solution Ceramic”, Poster Presentation.

    詳細はこちら
    https://www.wpi-aimr.tohoku.ac.jp/iac/event.html

  • 2019年1月13~14日

    International workshop for materials service safety evaluationに参加し、研究発表を行いました。

    中国の中山大学にて開催されたInternational workshop for materials service safety evaluationに参加し、研究発表を行いました。

    • Nan Xi : “Effect of Al and Cr on oxidation behavior of a Ti5Si3-containing MoSiBTiC alloy”, Oral Presentation.
    • Demirskyi Dmytro : “High strength ceramic composites for high-temperature applications”, Oral Presentation.
    • Lu Yuanyuan : “Development of Ti-Mo-Al intermetallic-based structural materials for high temperature application above 800°C”, Oral Presentation.

→ Past news

Page Top